小市民のイージーライフ

日常生活の様々な話題を綴るブログですがしばらくは小説を書いてみます。

    鮎釣り

     翌朝、隆人は慎也よりも早く起きスケジュールの打ち合わせをした。

     この日は一日中、雑誌やテレビのための撮影だ。


     慎也がゆっくり釣りを楽しめるのは金曜日だけで、土曜日は下流域での鮎釣り教室が企画されている。


     打ち合わせが終わると隆人は慎也を起こして朝食をとった。

     清岡舞は朝食時には居な


     撮影は温泉前の河原からスタートした。

     慎也は鮎釣り具メーカーのフィールドテスターだ。


     フィールドテスターとは、新製品の試行をしてその開発に関わったり商品の宣伝などをするメーカーと契約を結んだプロのことである。


     慎也は来年発売される予定の黒ずくめのコスチュームを身に纏って河原に立った。

     サイドの炎のようなデザインの赤いラインが黒いウエアを引き立てる。


     忍者をイメージしたデザインとのことだ。


     慎也は帽子を深くかぶると偏光グラス越しに川をじっと見つめた。

     対岸近くの大きな石に挟まれた深トロに目が止まる。


    「キュウメーのライト、メタルのゼロゼロファイブ

     慎也の声に、隆人が長い革のケースから手際よく竿や仕掛けを取り出した。

     まるでゴルフのキャディである。


     キューメーのライトとは、九メートルの長さの柔らかい調子の竿と言う意味で、メタルのゼロゼロファイブとは金属製の水中糸で〇.〇五号という号数である。


     〇.〇五号直径僅か〇.〇五五ミリメートルしかない。


     現在の鮎釣りは人間の髪の毛よりも細い糸で行われている。

     最も細い金属糸は形状記憶チタン合金で出来た〇.〇号である。


     目に見えぬほどの細さだ。

     素材開発の最先端技術鮎釣りに注がれ友釣りの仕掛けは飛躍的な進化を遂げた。

     しかし、その極意は今も昔も変わらず如何に囮鮎を自然泳がせるかということに他ならない。


    その為には野鮎に気付かれないよう長い竿、囮鮎に負担をかけないよう細い糸が必要となってくる。


    慎也が手にしているのは来年発売予定の新製品の竿だ。


    超高密度カーボン製で作られた九メートルもの長竿は、自重僅か一七〇グラム。

    リンゴ一個の重さだ。


    慎也はその赤い竿を伸ばし肩に担ぐと、音もなく川縁に片膝をついた。


    008


    「まぁとにかく、明日は撮影で早いから風呂にでも入って寝ようや

     隆人は慎也の笑いを遮るように言った。


     二人は黙ってログハウスへと足を進めた。

     部屋に戻ると隆人は直ぐに温泉へと向かう。


     風呂場でしばらく待ったが慎也は温泉には現れなかった。


     きっと備え付けのシャワーでも浴びているのだろう、と隆人はひとり温泉につかりながら慎也のことを考えた。


     慎也の失恋による精神疾患について医者はもうほとんど大丈夫だと言ったが、隆人は今でも疑問を持っていた。


     確かに普通の社会生活は送れるようになった。

     が、やはり慎也は元の慎也ではない。


     雅の失踪前には鮎釣りの話だけではなくて仕事のことや将来のこと恋愛のことなども語り合った。

     それが今では鮎の話以外は口を開かない。


     昔に比べて極端に会話が少なくなり、特に女性の話題などになろうものなら押し黙って目も合わせない。

     

     俳優並みの容姿を持つ慎也に言い寄ってくる女性は数多だが、慎也は一向に取り合わなかった。


     隆人は真紀のことを考えてのこと思いたかったが、やはり雅へのこだわりが胸の内に強く残っているに違いないと思っていた。


     証拠は慎也の首に掛かるネックレスだ。


     慎也は雅の失踪後もずっと雅に買ってもらったペアのネックレスを身につけている。

     慎也の心の中に潜む雅の存在が、慎也の完全回復を阻止しているに違いないのだ。


     慎也がこのネックレスをつけている以上、慎也は元の慎也には戻れないだろう

     言い換えれば、このネックレスをはずした時こそが雅からの呪縛から解放されて幼いころから付き合ってきた本来の慎也に戻ることができるのだ


     慎也には雅のことはすっかり忘れて元に戻ってほしい。たとえ今目の前に雅が現れたとしても何も動じないほどに忘れ去ってほしいと願った。

     雅は確かにイイ女だった。が、純情な親友を騙した心底悪女なのだ。


     それにしても・・・・・・。

     と隆人は、今日食堂にいた雅と瓜二つの清岡舞という女に言いようのない不安を抱き始めていた。

    publicdomainq-0004745tnr


     ウエイトレスは一寸首を傾けて怪訝そうな顔をしたが直ぐに口元で笑顔を作った。

     その様を見た中村が「あれ、舞ちゃんのこと知っちゅうがぜすか?」と訊く。


    「誰かに似ていましたか

     そう言って、久米が隆人に顔を振った。


    「舞ちゃんはこの村で一番の美人ながぜす。タレントの何とかちゃんって人に似いちょって、この前も慰安旅行の時に博多の駅で中学生らあにそのタレントに間違えられてちょっとした騒ぎになったそうです

     中村は笑いながらビールを勧めた。


     「そう、それ。確かにテレビで見る何とかってタレントにそっくりなんでそれでびっくりしたんやがな

     隆人わざとらし笑い声が上がる。


     料理と酒が進むに連れて隆人はいつもの愉快なペースに戻っていったが、慎也の表情は固く膠着したまま最後まで崩れることはなかった。


     時計はいつの間にか時を廻っていた。

     宴がお開きになると隆人は慎也を夕涼みに誘った。


     外に出ると辺りはすっかりと夜の帳に包まれてい

     二人は吊り橋の方へと足を進めた


    「しかしさっきは驚いたなぁ、ワイもびっくりしたわ。他人のそら似とはとても思えんかったわ

     隆人は吊り橋の真ん中で立ち止って慎也に語りかけると一方的に続けた。


    「でもあれは雅やない。支払いの後中村さんに訊いたら、あの女清岡舞ゆうて独身で間違いなくこの村の出身者やった

     慎也は吊り橋の欄干に背を持たせて黙ったままだ。

     真っ暗な底で川のせせらぎだけがザワザワと騒いでいる。


    「ただ、彼女高校出た後三年ほど大阪の百貨店で働いとったらしい」

     隆人の語尾が重たくなった


    「時期はあの頃やけどあれは絶対に雅やない。なんぼ外見がそっくりでも中身は全くの別もんや。他人の空似っちゅうやつやがな」

     隆人がそこまで言うと、慎也は急に乾いた笑い声をあげた。

     隆人は、柄にもなく深刻になっている自分を慎也が滑稽に感じて笑ってくれたのだと思いたかった。

    F00YI3-w_jpeg

     

     午後六時、一行は馬路村に到着した。


     宿泊所は安田川に面した馬路温泉の施設内のログハウスだった。

     中村ら地元の数人が出迎える。


    「初めまして中村です。だい、この度は馬路村に来てもらいましてありがとうございます。今日はお疲れでしょうから温泉でもつかってゆっくりしちょって下さい。明日は河原でお客用意しちょりますきに」

     中村は高瀬慎也名人を前に少し緊張していた。


    「お客って?」

     そう言って隆人が首をかしげるとすかさず久米が答えた。


    「高知では宴会の事をお客というんです」

    「へー、お客ねえ。てっきり久米さんがタコ焼きかなんかの出店でも出すんかと思うたわ」

     と隆人が言うと周囲から一斉に笑いが上がった。


    「夕食は部屋に運びましょうか。それとも食堂で食べられますか?」

     中村の横の青年が紅潮した顔で尋ねると、隆人が慎也の顔を伺った。


    「食堂の方で食べましょう」

     慎也はポツリと呟くとまた川の方に目を移した。


    「本当に綺麗な川でしょう」

     と久米も暮れなずむ川面に目を移す。


    「とにかく飯や飯。飯にしようで。腹減ってかなわんわ

     隆人は荷物を持つとログハウスの方に歩き始めた。


     食堂に行くと数組の宿泊客が夕食をとっていた。


     その一角に中村ら数人が座ってい

     中村は一行が座ると直ぐにビールを頼んだ。


    「舞ちゃん、ビール10本ばぁ持って来てや」

     中村の声に暖簾の向こうからハーイと言う若い女の声が聞こえた。

     カートでビールが運ばれてくる。


     メニューを見ながら歓談する皆の前に次々とビールが置かれていった。


     と、何気なくウェイトレスを見上げた慎也の顔色が一瞬で変わるのを対座していた隆人が気がついた。

     隆人も振り返ってウエイトレスに視線を移した瞬間、思わず目をむいて「あっ」と声を上げてしまった

    T736NDkA_jpeg

     七月末、慎也ら一行は大阪を出発し高知県の馬路村へと向かった。

     

    「明石の橋が出来てから四国もずいぶん近くなりました。今、左手に見えているのがジャパンフローラの花博の会場です。有名な建築家の安藤忠夫さんが設計されたそうです」

     道中、久米はガイド役を勤めた。


     一行は、太平洋の大海原に沿った海岸線の道を延々と進んだ。

     慎也の希望で徳島の海部川に立ち寄っただけで、ほとんど休憩なしで馬路村へと急いだ。


    「次の信号から入ります」

     車内の時計は午後五時を指していた。

     大阪を出発してからもう半日も車に揺られている。


     久米の指さす方に大きな鮎のモニュメントが見えた。

     鮎おどる清流安田川と書かれてある。

    キャプghjチャ


     馬路村はここから約二十キロ上流の村だ。

     山道に入る手前の橋から河口が見えた。


     その遠方に濃い緑の山が幾重にも重なっている。

     小さな川やなぁ、と隆人は大きな欠伸をした。

     確かに小さな川だが水量は十分にある


    ちょっと川を見ましょうか」

     十五分ぐらい川を遡ったところで慎也が言った。


    「向こうに見えている赤い橋で良いですか」

     助手席から久米が振り向いて応え

     一行は赤い橋のたもとに車を連ねた。


     車から降りて川を見下ろすと、何人かの釣り人が竿を伸ばしていた。

     鮎は夕方がよく釣れる。


     強い西日のせいもあってか、釣り人の中にはまだ腰まで浸かりこんで釣っている者もいた。


    「おー、こら鮎がぎょうさんおるわ。これならワイでも三十匹は掛けれるで。それに、噂どおり綺麗な川や。透明度がむっちゃ高いやんけ

     そう言って、隆人は気持ちよさそうに両腕を伸ばした。


    「上流は透明度に加えて更に趣のある川相です。海部川は割合と砂地が多く平坦でしたが、ここは山から落ちた大岩がゴロゴロしています。川と言うよりはむしろ渓谷に近いと言った場所も多数あります。きっとその川相が良質の珪藻を育み、日本一美味しい鮎をつくりだしているのだと思います」

     一行はまた車に乗り込み、しばらく走ると久米の言うとおりの光景が開けてきた。


     川は規則的に植林された山と山の底辺を這うように流れ、夥しい大小の岩々は近畿の川に比べると全体に丸みを帯びている


     水量も思ったより豊富で、不思議なことに下流より上流に向かうほど水量が増してくる。

     川底の石は茶色と言うよりはむしろ黄金色に近く、金板を敷き詰めたようにも見える。


     青々と泥む大淵や、豪快に白濁する荒瀬の連続に慎也と隆人の目は釘付けになった。

    キャプffチャ

    このページのトップヘ