小市民のイージーライフ

日常生活の様々な話題を綴るブログですがしばらくは小説を書いてみます。

    鮎釣り

    「どうぞ」

     舞が皿に盛ったお寿司を隆人に差し出した。


     隆人は礼を言いながら舞の顔を間近ではっきりと見た。

     雅との違いを見つけようとしたのだがどこにも見あたらない。


     本当にこれは雅なのではないのか。

     自分は夢を見ているのではないだろうか。


     雅なら今三十のはず。

     強いて言えば舞はもう少し若く見えるが、女の歳など化粧一つですぐにわからなくなる。

     舞の口から出る流ちょうな土佐弁が不思議でたまらなかった。


     舞が慎也の方にお寿司の皿を差し出した。

     慎也は舞にちょっと会釈をしただけで、また、年配者らと歓談を続ける。


     慎也はこんなにも雅似たを前にしてどう思っているのだろうか

     舞という女を他人のそら似だと思っているだけなのだろうか。


     隆人は昨夜橋の上で慎也が突然笑い声をあげたことがずっと気になっていた。


     慎也が自殺未遂まで起こしたあの頃に逆戻りするのではないかという不安に駆られたからだ。


     隆人は安田川でこんな予期せぬことが起こるとは夢にも思わなかったと、コップ酒を一気にあおった。


     とにかく舞が雅でないことを自分がしっかりと確認し、慎也に認識させる必要がある。


     隆人は繰り返される献杯の最中、舞と話をする機会を伺った。


     宴はますます盛り上が


     酔った老人がよさこい節を歌い始め、皆の手拍子が鳴り始めた時だった。

     舞の兄が急に立ち上がって甲高い声を上げる。


    「おんしゃあらあ(お前達)、何しに来たがなやっ」

     よさこい節が止まった。


     舞の兄が指さす方に目をやると暗闇の奥に二人の男が立って近づいてくる


     一人は小柄でがっしりとした体躯、もう一人はとてつもなく上背のある相撲取りほどの大男だ。


    「純太と銀治か」

     中村はコップ酒を傍らに置くとポッカリと浮かぶ月を仰いだ。

    moon002_1920

     隆人は舞を見つけるとすぐさま慎也の顔を伺った。

     慎也は舞に視線を向けるでもなく平然としたままだ。


     村長の乾杯で宴会が始まった。

     テーブルの上には土佐の皿鉢料理が幾皿も並び、大きな炭火の周りには沢山の串刺しの鮎が並べられている。

     鮎は、ジュウジュウと肉汁を垂らし身を反らしていた。


    「さっきまで生きちょったがです。焼けちゅうがを食べてみて下さい」

     村長がホクホクに焼けた鮎を勧めた。

     鼻先に塩焼き鮎の香ばしい香りが漂


    「う、旨い。こら旨い

     隆人はあっという間に数匹をたいらげた。


    「どうです、日本一の鮎は腹の苦みが違いますろ」

     村長は自慢げ言うと、今度は一升瓶を傾けて日本酒を勧めた。


     鮎は川の石に生えた苔を食べる。

     その苔が鮎の腑の中で独特の苦みをつくりだして旨味を決定するのだ。


     馬路の鮎は脂の乗ったほの甘い白身に良質の腑の苦みが溶け混じって、何ともいえぬ美味しさを醸し出していた。

     ところが、村長に注がれた酒がめっぽう辛い。


    「地酒の土佐鶴ながです。辛いけんどこの酒が馬路の鮎には一番合うがです」

     しかめっ面の隆人の顔を見て中村が笑った。


    「おい、ウルカも持って来ちょったろが。出いちゃってん」

     頭に手拭いを巻いた中年がよろけて立ち上がった。

     舞の兄だ。

     ウルカとは鮎の腸の塩からである。


    「酒に最高ながよ」

     瓶詰めのウルカが小皿に盛られた。


     始まって半時間も経っていないのに、隆人も久米ももう酔っぱらってきた。


     高知は献杯といって、自分の飲んだ杯を交わしながら次々とみ合う

     また、女性も男性同様に酒を飲む土地柄だ。


    「寿司も食べてみて下さい。馬路の寿司は柚子がきいちょって旨いですぞね」

     エプロン姿の清子と呼ばれる女性が、隆人の横で皿鉢を差し出した。


     皿鉢には大きな鯖の姿寿司や海苔巻きなどが色とりどりと盛られている。

     隣に舞が寄ってきて寿司を皿に盛り始めた。

    キャプチghghャ

     馬路村は全国屈指の林業の村だった。


     明治四十年には安田川沿いに軌道が敷かれ、人力トロリーによる原木の搬送が行われていた。


     大正十二年には、アメリカのポーター社の蒸気機関車によって本格的な森林鉄道時代が幕開けし、良質な杉が馬路の山から都会へと切り出されていった。


     かつての森林鉄道はここから更に二十キロ以上も山奥まで木の枝のように蔓延り、全国にも名高い魚梁瀬千本杉にまで通じていた。


     その森林鉄道の駅がこの森林組合の場所にあり、ここから土場迄の間が日浦地区という商店街となっていた。


     森林鉄道は原木輸送だけでなく、村交通手段や生活物資の搬送としても活躍した。


     自動車がまだ普及されていない頃から新鮮な海産物や薬など様々な物資が、森林鉄道によって都会から馬路村へと運搬されてきた。


     現在の柚子加工品などに見られるような、都会に負けぬ先見性はこの森林鉄道によって養われたのかもしれない。


     昭和三十年代前半には村の人口は三千五百人にまで達した。


     映画館やパチンコ屋まで建ち並ぶ日浦地区は杣夫達の歓楽街となり、昼間から三味線を担いだ芸者が歩いていたという。

     今は見る影もなく、偶然残った古ぼけた看板だけが当時の勢いを語りかけているようだ。


     その商店街の終わりに土場がある。

     

     土場とは貯木場ことであるが、今は材木は無くただの広場になっている。

     最盛期はこの土場に見上げるほどの材木が積み上げられて沢山の重機が動き回っていた。


     土場の入り口に建つ営林署では都会から来た官僚たちが事務を執っていた。


     外材に押され国内林業が衰退するとともに、営林署も縮小され徐々に村の様子変っていった。


     今は林業に替わって農協による柚の加工が盛んだ。


     馬路村のポン酢醤油や柚ジュースのごっくんは、全国的にも人気を得ている。

     その勢いを象徴するかのように、かつての営林署の建物には農協が入っていた。


     河原に机と椅子が並べられ豪華な皿鉢料理での宴会が用意されている。


     慎也らが降りると拍手が起こった

     村長をはじめ村の幹部や農協、青年団など五十名ほどが出迎える。


     その中には清岡舞の姿もあった。

    キャw.プチャ

    「これよこれ、鮎釣りの醍醐味はなんと言っても荒瀬のもんよ」

     そう言って隆人は道具箱を担ぐと、慎也の後を追った。


     慎也はまるで忍者のように素早く岩を飛び跨ぎ、柳の木を掴んでポイントにたどり着く。

     隆人はその後を無様に転びながらついていく。


     荒瀬にたどり着いた時には、隆人は上半身までずぶ濡れになっていた。  


     流水の轟音が耳を震わせ心地よい水飛沫が顔を撫で

     慎也は石裏の淀みに腰まで浸かると、曳舟から素早く囮鮎を取り出し鼻カンを付け


     竿を立てて送り込むと強い流れに翻弄された囮鮎は二、三度浮き上がった後、尾鰭を振って苦しそうに丸い岩の側面へと潜った。


     と同時に慎也の持つ竿の穂先が上下に振れたかと思うと、一挙に弦月の形に撓った。

     たまらず腰を落とす慎也


    「巨鮎やぁ」

     隆人が声を張り上げ


     カメラマンらの動きも激しくなった。


     激流狭しと掛かり鮎が体をよじりながら真横に突っ走る


     水圧に逆らって慎也が前ににじり出る。

     飛沫が慎也の体を隠すほどに舞い上がった。


     巨鮎はいったん囮鮎を引き連れて上手の段々瀬を昇りあがると

     今度は一転体を翻して激流を急降下し始めた。


    「モンスターやっ」

     隆人の声が荒瀬の轟音にちぎれる。


     長竿は弦月のまま、胸まで沈んだ慎也が体ごと下流に引っ張られていく。


    「あっ」

     強烈な手応えが一瞬で消えた。

     長竿が一直線に伸びきり、赤い毛糸との目印が空中でひらりと風になび


    「切られた」

     慎也は背筋を伸ばしてにっこりと笑うと、竿を担いで岸に戻ってきた。


    「この川は鮎の馬力が違う。河床勾配もきつく川というよりはむしろ滝に近いよ

     全国百河川を釣り歩く慎也は、満足げな顔で岸に腰を下ろすと白濁する荒瀬にまた目をやった


    「よし、ワイがやったる」

     今度は隆人が仕掛けを太くして挑戦したが、囮鮎を激流に沈めることすら出来なかった。


     慎也ら一行は、船倉明神口、シダイ人気の釣り場を移動しながら一日がかりの撮影を終えた。


    「どんながやったですか」

     軽トラから中村が顔を覗かせ


    今夜は土場の下で飲み会を用意しちょります。六時ばあに迎えに行きますきに待っちょいて下さい」

     慎也らが温泉から上がると中村と三人の青年が迎えに来ていた。


    「十分ばあですきに、歩いていきましょう」

     川沿いの道を進むと直ぐに木造立ての年季の入った建物が見えた


    「森林組合ながです」

    「ほぉ、馬路はかつて全国有数の林業の村だったらしいですね」

     そう言って、久米はデジカメのシャッターを切った。

    20206119118

    曳舟から鮎を掴み出すと素早く鼻カンを通した。

    掴んだ手を囮鮎を送り出すようにゆっくりとく。


    囮鮎は鼻カンに繋がれていないかのように右に左に泳ぎながら流心へと走った。

    石裏のよどみに到達した囮鮎は動きを止める。


    と、細糸に付けた真っ赤な毛糸の目印が輪を描くように舞う

    野鮎と喧嘩を始めたサインだ。


    もう一回輪を描いた瞬間、水中で鮎の魚体がギラリと光り目印がジュボっと水中に消えた。


    「よぉし、掛かった」

     隆人の声が上がる

     竿が大きく撓って左右にぶれ

     細糸が鏡の様な水面を鋭く切り裂く。


     錨針に刺さった野鮎が腹を返して暴れまくった。

     慎也は力強く右手一本でゆっくりと長竿を持ち上げる。


     右手が頭上に伸びきった瞬間、二匹の白銀の鮎が水飛沫を蹴散らせて水面に跳ね上がった

     空中を2匹の鮎が飛び寄ってくる。


     慎也は左手で腰に差したタモ網を素早く抜き取ると、構えたタモに二匹の鮎がドスン! と吸い込まれた。


    「良型やんか

     隆人らの拍手が鳴る。


     慎也は掛けたばかりの野鮎に素早く鼻カンを通すと、また流心に送り込んだ。

     今度は赤い毛糸の目印は、流心を駆け抜けて対岸の大岩の際まで走った。


     大岩に擦れるようにして止まった目印は上下に二、三度ブルブルと微震すると、一気に大岩の苔をはじき飛ばして三メートルほど上流にぶっ飛んだ。


    「よっしゃ

     隆人の声が弾む


     慎也は次々と野鮎を掛けまくった。

     十匹掛けたところで場所を移動することになった。


     ロケハン車は五キロほど下流の島石という場所に止まった。

     小道を掻き分け河原に降り立った一行から、ため息ともつかぬどよめきが漏れ


     川を挟んだ目の前に、見上げるほど大きな島形の岩が立ちはだかっていた。

     苔生した大岩は垂直に聳え、所々赤茶けた地肌を剥きだしている。


     その岩の側面を撫でるように恐ろしく深い淵が泥み、岩頂狭しと生い茂る雑木が鮮やかに水面に映し出されていた。


     四方には目も眩むほど真っ青な森林が切り立ち、区切られた小さな空がポツンと浮かんでいる。

     淵の上流と下流は一転して水飛沫の荒瀬で、敷き詰められた岩々が押し流されるほどの勢いでぶつかり合って白濁する豪流に洗われていた。


    「すごい場所やな」

     隆人が言葉を発するまで、一行はその景観に圧倒されていた。


    「キュウメーのキュウセ、メタルのレイレイナナ」

     固い竿と金属糸を告げた慎也の視線は上の瀬を捉えている。


    「上の瀬やっ」

     隆人の言葉にカメラマンらの動きがあわただしくなった。

    DpoKwidV4AA3z50

    このページのトップヘ