小市民のイージーライフ

日常生活の様々な話題を綴るブログですがしばらくは小説を書いてみます。

     十時過ぎ舞は叔母の清子と一緒に宴を引き上げた。


    「男しらあに付き合いよったら夜が明けらあね。皆ちっと飲み過ぎながよ」

     そう言って清子は坂の折り返しで立ち止まると、まだ騒がしい河原の方に目をやった。


    「いかん、月が隠れゆう。どうでもあいた(明日)は雨ながよ」

     清子の言葉に舞も足を止めて「水が出るろうかねえ」とポツリと呟いた。


    「さあよ、ようけ水が出たらさっき言いよった純太らあの試合もできんなるがよね。それでえいがやないが」

     清子はまた歩き始めた。


    「清子おばちゃん・・・・・・。あたし、話があるがよ」

     舞は今度は振り向いて清子に目を合わせた。


    「なんぞね 舞ちゃん

    「あたし、明後日の試合に純太が勝ったら純太と結婚するがに決めた」


    「ど、どいたがぞね急に」

    「あたし、純太とのことずっと悩んじょったけんど、あの試合の話が出た時にそれで自分の運命を決めろうと思うたがよ」


    「えいがかねあんたあ、そんなことで大事な一生決めても」

    「かまんがよ。幸せになれんかったらそれが私の運命ながやき。あたしも純太のことがわからんがやも」

     舞は俯いた。


    「純太は働きもんでええ子やけんど、とにかく酒飲みじゃ。酒の苦労は覚悟しちょかないかんがよ。けんど、純太は舞ちゃんのことが好きでたまらんがじゃろがね。人間、好いてくれて大事にしてくれる人と一緒になるがが一番ながぞね

    「それはわかっちゅうがよ」


    「純太はお母さんのことがあるきに、この年まで舞ちゃんにに結婚のことをはっきりよう言わんかったがやないがかね。舞ちゃんの方からもっと強引に結婚のことを言うた方がよかったがやなかったろうかねえ」

     純太は子供の頃から母子家庭で、成人してからは体の不自由な母の面倒をずっと一人でていた。


    「あたしはそんな事情も純太からはっきり言うてほしいが。なんぼいても純太は黙ってばっかりながよ。あたしやってもう疲れた。それに・・・・・・」

     舞は言葉を詰まらせた。


    「あたし、自分でどうしてえいかわからんなったがよ」

     舞は俯いた顔を横に振った。


    「どいたがぞね?」

     舞は黙ったままだ。


    「おばちゃんにだけながやで、絶対に人に言わんちょってよ」

     そう言って舞は清子のそばに身を寄せた。


    dc8d2cf7dae8d50babeacc2b8c154dfd43c1f478_jpeg

     酔っぱらった中村が寄ってくる

    「純太、おまんがなんぼ鮎掛けが上手いゆうたち、高瀬名人にかかったら赤児同然ながよ」


    「おらぁ誰にも負けんちや」

     中村の嘲るような言い回しに純太は語気を荒げた。


    「これが土佐のいごっそながよ。おらぁ純太が好きぞ。ほりゃ飲め」

     万作爺さんは嬉しそうに純太に酒をついだ。


     舞のよろけながら純太に近寄


    「えいか、おまんがそればあ言うがやったら、高瀬名人に勝ってみいや。勝ったら何でもおまんの言うこと聞いちゃらあや」

     そう言って、酔った体を二、三度揺らせると、一升瓶を握ったまま地べたに落ちるように胡座を掻いた。


    「お、お兄ちゃん」

     舞はそう言って唇をかんだ。

     

    「純太、おまんやったら相手がプロでも絶対負けんがよ」

     目立ての銀地が豪快に笑

     純太は立ち上がってコップ酒を一気に飲み干した。


     座は再び静まりかえり、安田川のせせらぎだけが闇から響いている。


    「で、場所はどこでやるのでしょうか?」

     久米が静かに訊く。


    「島石ながよ」

     そう言って純太は川のそばに燃え盛る焚火に薪を投げ入れた。

     火の粉が暗闇に舞い上がる。


     周囲から川の音を消すほどのどよめきが起こった。


    「おまんらあほんまにやるがかっ。止めちょけ止めちょけ。よりによって島石らあみたいなこわいく(危険な場所)でやることないがよ


    「いや、でもあそこやったら鮎が大きいきに純太にも勝ち目があがよや」


    「あほう、全国大会十連覇のプロに純太ごときがかなうかや。寝言ばあ言うなや

     再び酔っぱらいの喧騒が大きくなった。

     宴会は二人の鮎釣り試合の話で夜更けまで延々と続いた。

    F00YI3-w_jpeg



    「鮎釣りを楽しいと思うだけの人間はそれはそれでええがよ。そやけんどな、自分がもっと上手になりたいと上を目指す人間は常に闘うことや。それは自分と闘うこと。そして他者と闘うこと。自分より上手な人間と闘うことで、その闘いの最中に自分でも驚くほどの釣技が出現するがよ。鈴木徹斉とはそんな男やった。もう一度、おらは身震いするような男同士の高揚を見たいがよね」
     白髪男は言い終えると純太に視線を移した。
     
    「また大学出のマサの講釈が始まったか。おんしゃはその理屈こねるんがなかったらもっと上手うなっちょったがよね」
     近くで聞いていた老人が笑い声をあげた。
     白髪頭は一向に取り合わずに純太の方に身を乗り出す。
     
    「純太。お前は高瀬名人と闘え」
     純太が傾けたコップ酒をピタリと止めた。
     
    「おらぁ誰ちゃあに負けんがよ」
     純太の目に焚火の炎が映って燃える。
     
     久米の目は純太にくぎ付けだ。
     
    「おーい久米さぁーん」
     と足のもつれた隆人がなだれ込んできた。

     すぐさま後についた慎也が抱きかかえる。
      白髪頭はやおら立ち上がると慎也の前に進み出て深く腰を折った。

    「高瀬名人。うちの純太と一緒に鮎釣りをしてあげてください。ぜひ!」
     白髪男の大きな声に、時間が止まったように宴は静まり返った。

     皆の視線が慎也の一点に集まる。
     白髪男は腰を折ったまま慎也の言葉を待った。

    「いいでしょう。私も上手な方と一緒に鮎釣りがしてみたい」
     慎也は純太に視線を合わせると頭を下げた。
     
     久米が手を掲げて拍手をすると皆もつられて拍手をした。

    「おーいっ、もぅお開きか? あん‥‥‥」
     隆人はそう言ったっきり、慎也の手の中でぐったりと目を閉じた。

    51c25d5fd0fcdea1a6cf4336c9493c74_m1

    このページのトップヘ