小市民のイージーライフ

日常生活の様々な話題を綴るブログですがしばらくは小説を書いてみます。

     翌日、馬路は昼まで激しい雷雨だった。


    「こりゃようけ川の水が出た。明日の試合は無理やな」

     隆人は慎也に言い聞かせるように増水した川を見た。


    「この川はダムがないので水の出るのも早いけど引くのも早いらしいですよ」

     久米が原稿を書く手を止めて川を覗き込みながら言った


    「お前、商業主義に走っとんちがうやろなぁ。明日の試合のことなんか絶対書くなよ」

    「と、とんでもないです

     隆人が凄むと、久米は慌てて座り直した。

     慎也は窓を開けて川をじっと見つめている。


    「なぁ慎也、考え直せよ。昨夜は酒に酔っていて少し冗談が過ぎたと言えば今からでも何とかなるないか。だいたいお前にとって何のメリットも無い試合やで。まぁお前が負けることは考えられんけどな。何事にも万が一ってことがある。万が一負けでもしてみろや。鮎釣りの神様高瀬慎也の名が落ちるだけやない。お前はメーカーの看板やこれからの仕事にも影響するかもしれへんのやで」

     慎也は川を見たまま口元を緩めた。


     一匹でも鮎を多く釣り上げる腕達者なプロに消費者の心は動き時めく。

     そのプロが使う鮎竿やヒキブネ、あるいは仕掛けなどは飛ぶように売れるのである。


     そのプロが片田舎の名も知れぬ一介の釣り人に負けたとあっては、製品への売れ行きに影響が及ぶことは必至だ。

     万が一そんなことでもあったら大変なことになる、と隆人は口を歪めて暢気に構える慎也を横目で見た。


     晩の七時過ぎに隆人に清子から電話があった。


     清子は河原の宴の時横にいた者ですと言うが、隆人ははっきりとは思い出せない。

     清子は今から相談があるので会ってほしいと言う。


     慎也もか、と訊くと隆人だけでいいという。


     何の相談かと訊いても、清子はとにかく会ってから話すとだけしか言わない。


     ちょうど慎也は風呂に行ったきり帰ってこない。


     しかたなく隆人は清子のせっぱ詰まった様子に引っ張り出されるように、役場へと続く吊り橋のたもとへと出向いた。


     吊り橋の向こう側に中年の女性がエプロン姿のまま一人で夜間灯の下に立ってい

     隆人の姿に気が付くと女性は腰を折って一礼をした。

    IMGA0320

    あたし、その高瀬さんから大阪の連絡先と住所渡されたが」

    「あ、あんたまさか」

     清子は暗闇で舞の目を探した。


    「あたし、高瀬さんが勝ったら大阪に行くことに決めたが。親が反対しても絶対行くがに決めたがよ。あの人はこの村が気に入ったからこの村に住む言うたけんど、そうなったら村には住めんき。あたしは村を出ていくが」

    「ま、舞ちゃん。あんた、気でも狂うたかね」


    「まだ狂うちゃあせんが。でも、狂いそうなが。雅と一緒ながよ。自分でもわからんなったこの気持ちを・・・・・・あたし、明後日の試合の結果に委ねてみたいと思うたが。自分の運命として

     舞の語気の強さに清子は怯んだ。

     一、二歩よろけると、それ以上の言葉を発することが出来なくなってしまった。


     昨夜、暗い河原で慎也は舞に詰め寄った。


     舞は川岸に蔓延ったアケビの葛に足を取られバランスを崩した。


     慎也と舞は縺れ合って、まだ昼間の熱の残る暖かな砂地に転んだ。

     だが、二人が直ぐに起きあがることはなかった。


     その時、どれほどの時間が経ったのか舞には分からなかった。


     ふと、河原に降りてくる男の声に気付いた舞は乱れ髪を手櫛で解いて上半身を起こした


     二人連れの男月の隠れた暗闇の河原に降り立ったのが見えた


     慎也と舞に気付いた男は、向こうからチラリこちらを振り向いただけで直ぐに真っ暗な川の中に入っていった。


     だが、川の中で発せられた男の一言、舞を恐怖の底に陥れた。


    「純太、ウナギの仕掛けこっちにも浸けちょけや」

     舞はその夜、明け方まで一寸も微睡むことさえできなかった。


    publicdomainq-0004745tnr

    「わかったわかった誰っちゃあに言わんぞね

    「昨日、あの大阪から来た高瀬さん言う人が、一寸話がある言うて食堂の片付けが終わったところへ訪ねてきたがよ」


    えっ、なんでぇ?」

    「それが、突然、鈴木雅という女性を知らんかいうたがよ。あたしびっくりして」


    「な、何で雅の事知っちゅうがぜ」

     清子は目を剥いて後ずさりをした。


    「それが、その人あたしを雅やないかって言うがよ。あたしが驚いた顔見て、よけいにそう思うたがかもしれんけんど。あたしがなんぼ違う言うても、何回もしつこく訊くが。それが、普通の訊き方やないがやき。調理場の板長らあにも声が聞こえだたきに外に出て下の河原に降りたが、そしたら俺はなんにも怒ってないとか訳のわからんこと言いだいたがよ」

    「そ、それは


    「そうながよ、あたしも思い出したが、お母ちゃんが好子おばちゃんから聞いた話を。雅が和歌山で付き合いよった男と駆け落ちまでするいうて大騒ぎになって、結局、強制的に和歌山から串本に戻されたろう。その後雅は大変なことになったじゃいか。高瀬さんいう人は、どうもその時の彼氏に違いない、いや間違いないがよ

    「そ、そんなことって」


    「雅は今はちゃんとした家庭も持って落ち着いちゅうきに、あたしは黙ったままなんちゃあよう話さんかったがよ」

    「そら、言われん。絶対言われんがよ。面倒なことになったらえらいことぞね」


    「あたしは鈴木雅らあ知らん。他人のそら似やいうて最後まで言い張った。けんど、お前は雅じゃないんか言うてしつこく訊いて、押し合いになったが。あたし・・・・・・」

     舞はたまらず声を震わせながら詰まらせた。嗚咽する舞の顔を清子はじっと覗き込んだ。


    「どいたがぞね舞ちゃん。何かあったがかね?」

    「あたし、ただ押し合いになって転んだだけやったがよ。けんどあたし、怖いが」


    「その大阪から来た高瀬っちゅう男も狂うちゅうが。明日、あて(私)が言うちゃるきに!」


    「違うが! 怖い言うたがは自分が怖いがよ」


    「な、なんて?」

     清子は拍子抜けしてよろけた。


    publicdomainq-0004745tnr

    このページのトップヘ